朝がつらい方必見!朝すっきり目を覚ますための様々な方法!

皆さんは朝すっきりと目覚めることができますか?

「自分が出かけるときはすっきり起きることができるが、仕事の時はなかなか起きることができない・・・」こんな経験ありませんか?

そこで、今回はどうしたら気持ちよく目が覚めることができるのか、朝すっきりを目を覚ますための9つの方法を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

朝すっきり目を覚ますための9つの方法

ではどのようにしたら朝すっきり目を覚ますことができるのでしょうか。

ぜひこれからご紹介する9つの方法をおこなってみてください。

 

すべてというよりも、これならできるかもと思えるものがあればぜひチャレンジしてみてください。

簡単にできるものばかりですし、ちょっとした工夫で目を覚ますことができるんだなと感じていただけるかと思います。

朝がつらいときに目を覚ますための9つの方法
  1. ストレッチ・伸びを行う
  2. シャワーを浴びる・お風呂に入る
  3. 日光を浴びる
  4. 朝ごはんを食べましょう!
  5. カフェインを摂取する
  6. 少しだけ歩く
  7. ガムをかむ
  8. からだを冷やす
  9. アラームをセットする

 

それでは順番に紹介します!

 

ストレッチ・伸びを行う

これは誰もが知っている方法かと思います。

方法も簡単なのでお勧めいたします。

軽く伸びをする、前屈等のストレッチをすることで、身体がほぐされて眠さを吹き飛ばすことが可能だといわれています。

さらに効果的なのが、寝ている状態の時に布団の中で伸びをすることにより目を覚ますことができるといわれています。

 

眠いときは、ストレッチをどんどんしましょう。

体を動かさなければ睡眠モードに移行して眠くなります。

背筋を伸ばしたり、体を動かし、ストレッチをすると筋肉を使います。

それによって脳が活性化され、眠気がなくなりますのでおススメです!

 

シャワーを浴びる・お風呂に入る

朝お風呂に入るという人を聞いたことありますか?

実はこれも朝目を覚ますために効果的な方法だといわれています。

なぜかというと、朝体が温まることによって、血のめぐりがよくなるといわれています。

それによって体が起きるようになるため、すっきり目を覚ますことができるといわれています。

手短であればシャワーだけでも良いでしょう。

 

日光を浴びる

人の体内時計は光によって調整されているといわれています。

日光を浴びることによって体内時計がリセットされます。

それにより脳や体は「活動状態」になります。

それによって体内時計が進み、夜になると睡眠モードに入りやすくなります。

 

なので、朝起きた時に窓際に立って朝日を浴びてみましょう。

眩しいですけど、慣れると気持ちいいです!

やってみると効果はかなりあり!

 

朝ご飯を食べましょう

朝ご飯を食べずに仕事や学校に行く人も多いと思います。

しかし朝ご飯を食べることによって眠気を覚ますことができるといわれています。

しっかりと栄養補給されるのはもちろん、その日を元気に過ごすことができます。

 

また、朝ごはんを食べることは体内時計を調整することにも役立つと言われています。

それによりさらに脳や体が覚醒するので、眠気の解消にはかなりの効果が見込めます。

最近では朝ごはんを食べないという人も多いですが、規則正しい生活リズムを整える役割をし、一日を元気に過ごせる効果があるので、ぜひ食べるようにしてみませんか?

 

カフェインを摂取する

眠気を覚ますための鉄板としては皆さんご存知カフェイン摂取です。

代表的なものはコーヒーだと思います。

家にいたら自分で入れるのもよし、職場などだったら自販機で買ってもいいとおもいます。

 

コーヒー以外だったらエナジードリンクも効果的!

エナジードリンクにはカフェインも含まれて、全身を活性化させるアルギニンも含まれているため、さらに効果的です。

 

少しだけ歩く

眠気を覚ますためには体を動かすことが重要です。

特にふくらはぎの筋肉を使うと眠くなりにくいと言われています。

休憩代わりに少しだけ歩くことも効果的です。

歩くことにより脳が活性化されて、頭の回転もよくなるのと、眠気も覚ますことができます。

スポンサーリンク

ガムをかむ

あごの筋肉も特に眠気を覚ますことに効果的だと言われています。

そのため、ガムをかむのがいいでしょう。

ガムをかむことで眠気が覚めるのと同時に、「脳」も活性化されるので勉強中や仕事にはかなり効果的!

キシリトールによって口全体が爽快感ですっきりするガムをかむとさらにいいかもしれません。

 

体を冷やす

体を冷やすことも効果的です。

冷やすことにより血行の良さを抑制することができ、それによって睡眠モードに入りにくくなるといいます。

冷たいアイスや飲み物をとっても良いですし、首や脇などを氷水で冷やすのもいいでしょう。

冷えピタシートも結構使えます!

 

アラームをセットする

時計でもスマホでもなんでも良いので、アラームをセットすることは、目を覚ます上でとても有効!

実は有効な活用法がいくつかあります。

これから紹介する方法をおこなえば、朝目を覚ますのにとても効果的!

ぜひできることから実践してみてください!

アラームの有効な4つの方法!
  1. 目を覚ますことができる音・大きさにセットする
  2. 起床時間通りにセットする
  3. 遠くにアラームを置いておく
  4. 複数のアラームをセットしておきましょう

 

それでは、順番に紹介します!

 

目を覚ますことができる音・大きさにセットする

しっかりとアラームの音や音量は目を覚ますことができるレベルにセットしておくことが重要です。

アラーム音があまりにも静かだったりすると、それで目を覚まさないこともあります。

目を覚ましても静かなのできっちりと目覚めることはできません。

 

少し大きいくらいの音量でセットすることがおすすめ!

そうすれば嫌でも目を覚ますことができて効果的となります。

あまりにも大きいと家族や隣の家に迷惑であったり、自分にもストレスとしてのしかかってくるので、適度に目を覚ますことができる大きさにセットすることが大事です。

 

起床時間通りにセットする

1回のアラームで起きない人はスヌーズ機能に頼ってしまいがちです。

そして、その多くの人が起床時間よりも少し前にアラームをセットしていることが多いと思われます。

寝坊防止のために起床時間よりも前にセットしている方がほとんどですが、それではまだ寝ていられると二度寝してしまい、結果的にスヌーズに頼ってしまうことになります。

 

なのでアラームは起床時間ぴったりにセットしましょう。

そうすれば、目覚めた時に起きなければいけない時間となりますので1回のアラームで起床することができます。

 

スヌーズ機能は普段は使わないようにした方がよいでしょう。

だらだら起きることになってしまい、結果的に起きられずにいることも多いはず。

であれば、起きたい時間ぴったしにセットする方が実は効果的!

 

遠くにアラームを置いておく

なるべく手の届かないような遠くの方にアラームを置いておくといいでしょう。

それによりアラームを止めるのに体を起こさなければならなくなります。

体を起こして動かせば、目が覚めるようになるので、1度のアラームで起きることができます。

ベッドから起き上がらなければ止められない場所に置くといいでしょう。

 

なお、ここで注意が必要なのは音量です。

しっかりと聞こえるように音量はセットしておいてください。

 

複数のアラームをセットしておきましょう

2個以上の複数のアラームをセットしておくことも効果的!

1個だけのアラームでは、寝ながら少ない動作で止めることができるのと位置が決まっていれば無意識に寝ぼけた状態でも止めることができます。

それによりほとんど目が覚めていない状態でアラームを止めてしまうようになります。

 

意外に1回のアラームでは起床することはできない人も少ないかもしれません。

なので、複数のアラームをセットしておけば、1個のアラームを止めたとしても、他のアラームも止めなければいけません。

その分、体を動かすようになるので、1個だけのアラームよりかは確実に目を覚ましやすくなります。

 

まとめ

朝目覚める方法から、目覚ましのオススメまで9つの方法をご紹介でした。

朝つらい方は、今日紹介した方法で、これはまだやっていなかったなとか、ちょっと試してみようと感じたことがあればぜひやってみてください。

やってみると使えるのが1つか2つは見つかるはず!

これであなたも朝の目覚めはばっちりです!!

ぜひお試しを!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です