レッドブルって本当は眠気覚ましに効果ないって噂を徹底的に調べてみた結果・・

レッドブルって効果があるの?

周りの友だちや知人、会社の同僚や上司、みんな飲んでいるところを見るけど、実際のどうなのってふと思ったりしたことありますよね?

 

私もたまに飲んだりするのですが、悪い噂も聞いたりするので、どうなのか気になっていました。

レッドブルは、実際に効果があるのか。

眠気覚ましに効果がないといった噂もあるので調べみました。

スポンサーリンク

 

レッドブルとは?

まず、レッドブルについて紹介します。

知っている人も多いとは思いますが、みんなが飲んでいるので気になって調べていた人もいると思いますので紹介します。

 

レッドブルとは、日本を含めて、世界160国以上で発売されているメガヒットドリンクです。

カテゴリーとしてはエナジードリンクに属し、売上、シェアともに世界でNo1です。

2012年の記録では、全世界で52億本売れたモンスタードリンクです。

 

国ごとに規制が異なるので全く同じドリンクが世界で飲めるわけではないが、日本ではコンビニエンスストアやスーパー、自動販売機、ネット通販などどこでもレッドブルが手に入れることができます。

 

日本のレッドブルと海外との違いはいうと、日本の場合、「タウリン」が含まれていません。

海外ではエナジードリンクというカテゴリーで発売されているが、日本の場合、エナジードリンクという分類はないので炭酸飲料として発売されています。

 

どんな飲み物??

シャープな缶に入った日本でも販売されているオーストリア産のレッドブルは、主にカフェリン、アルギニン、バントテン酸を含んだ栄養成分を含みパフォーマンスを発揮できるようにと開発されたエナジードリンクになります。

デザインはみなさんも知ってのとおり、太陽を背に2頭の赤い雄牛(RED BULL)が向い合い、角を突き合わせているデザインになります。

パッケージは185ml缶を中心に、250mlと今年の3月に発売開始された330mlの3タイプがあります。

どんどん販売エリアも拡大しており、今までの取り扱い店に加えて、大学生協や全国のドラッグストアにも販売を拡大しているところです。

 

レッドブルが人気な5つの理由

レッドブルがなぜこれほどまでに人気があるのでしょうか。

1本185ml缶でも275円もするドリンクです。

でも購入してしまう。

なぜなのでしょうか。

 

レッドブルのキャッチコピーは、

『仕事や勉強で忙しい時、ビデオゲームやスポーツに熱中している時、ドライブの最中や自宅で友達とのんびりしている時や外出先でも、レッドブルはあなたに翼を授けてくれます。

レッドブル・エナジードリンクは人生を楽しみ、アクティブなライフスタイルを満喫する人のためのドリンクです。』

出典:https://www.redbull.com/jp-ja/

 

なんと翼が生えてくるんですね。

アクティブなライフスタイルをレッドブルで実現できますといったインパクトのあるキャッチコピーです。

 

印象に残るキャッチコピーに加えて人気の秘密には5つあります。

5つの人気の秘密
  1. 炭酸飲料での販売がむしろ功を奏した!
  2. 絶大な口コミ!
  3. スポーツとの協賛!
  4. 若者をうまく取り込んだ!
  5. ド派手なキャンペーン・イベントの展開!

 

一番は販売流通にうまくのっかかることができたではないでしょうか。

レッドブルのようなエナジードリンクは、他のリポビタンDのように栄養ドリンクコーナーに並ぶようなイメージですが、それは医薬部外品として取り扱われた場合の話。

レッドブルは炭酸飲料として発売されました。

この取扱いが大成功につながりました。

 

コンビニにいけば、コーラなどと一緒に炭酸飲料としてレッドブルが並んでいます。

独特のパッケージでちょっと高いけど、何か体に良さそう。

新しい炭酸飲料だということで、どんどん販売が進みました。

炭酸飲料というカテゴリーではなく、医薬部外品として栄養ドリンクコーナーに並んでいただけではここまで大ヒットしなかったことでしょう。

 

また若者に対しても、学生運動にレッドブルを浸透させ、スポーツ界においてもF1やサッカー界において海外チームでいえば、ドイツブンデスリーガーのザルツブルク(日本人として、2007年に宮本恒靖選手や三都主アレサンドロ選手が在籍期間)のメインスポンサーでもあり、どんどん若者を中心にレッドブルが口コミなどで大拡散しました。

 

レッドブルの効果

では実際に効果はあるのでしょうか。

翼を授かると表現するくらいだから、とんでもない効果を期待してしまいますが、実際にどうなのでしょうか。

パフォーマンスを発揮したい時のために開発されたエナジードリンクです。

 

一番の有名な効果がレッドブルは眠気が覚める!ということでしょう。

実際に缶には宣伝広告として次のように書かれています。

 

Red Bull(レッドブル)は、多忙なプロフェッショナル、アクティブな学生、ロングドライブをする方など、世界的な評価をいただいています。

出典:レッドブルの缶より

 

それでは、レッドブルに含まれている有効成分について調べてみます。

レッドブルに含まれる有効成分は、主に3つです。

レッドブルの3つの有効成分
  1. カフェイン
  2. アルギニン
  3. ビタミンB群

 

この3つが主に眠気覚ましやと疲れをとりやすくし、集中力をあげてくれる有効成分になります。

他にも、ナイアシンやパントテン酸が含まれていますが眠気予防につながる成分ではございません。

 

今回のテーマが、眠気覚ましがレッドブルにあるのかどうかを検証ということで、眠気に関する有効成分について紹介します。

 

有効成分① カフェイン

誰もが認める眠気覚ましの成分として最も有名なカフェイン。

なぜカフェインを摂取すると眠気が予防できるかいうと、カフェインによって大脳皮質を刺激することで眠気を感じにくくなるからです。

またカフェインには、脳内の睡眠物質『アデノシン』の働きを防止するので、眠気を和らげる作用もあります

 

そして、カフェインは脳内の『報酬系』と呼ばれる快楽を感じる場所にも作用することで、気分はハイな状態にして覚醒レベルを引き上げることで眠気の予防につながる作用を有しています。

こうやってカフェインの作用を調べてみると、眠気予防の王道成分であることがわかりますね。

 

有効成分② アルギニン

アルギニンの効果は、主に5つあります。

  1. 成長ホルモンの合成促進
  2. 性機能改善
  3. 疲労回復
  4. 免疫力向上
  5. 身長を伸ばす

 

あれ!?

眠気防止の効果がないのでは?とおもわれた人もいるのではないでしょうか。

それもそのはずです。

アルギニンには眠気予防の効果はありません。

 

では、なぜアルギニンを眠気防止の成分に入れたかと申しますと、常盤薬品工業の研究発表によると、実は「アルギニン」が「カフェイン」の覚醒効果を増強させることが明かになっています。

アルギニン&カフェイン飲料の2つの方が、アルギニン単独やカフェイン単独の飲料と比較して眠気の覚醒効果が長時間持続されたことが確認されています。

直接的に眠気覚ましの効果がなくとも、間接的ではありますが、アルギニンもカフェインとの組み合わせであれば眠気防止につながることがわかりますね。

 

有効成分③ ビタミンB群

ビタミンBといえば疲労回復ですよね。

ビタミンBの中でも眠気スッキリにつながる成分はビタミンB1です。

ビタミンB1も眠気防止にいいといわれますが、その理由は、ビタミンB1の働きが体内で糖質をエネルギーに変換してくれる働きが関係しています

 

糖質を体のエネルギーに変えてくれることによって、体中に力がみなぎってくるわけです。

結果的に、十分に睡眠をとった後のようなすっきり感を得ることがビタミンB群の働きになります。

スポンサーリンク

レッドブルが眠気覚ましに効かないって本当?

では、このようにカフェインや、アルギニン、ビタミンB群が入っているレッドブルになぜ効かない疑惑が生まれるでしょうか。

不思議ですよね。

 

でも実際に効かないという声は出ているのも事実です。

その理由は主に3つあります。

レッドブルが効かない3つの理由
  1. カフェイン量がそもそも80mgと多くない
  2. 毎日飲むと効きづらくなる
  3. 量を増やすと副作用が増える?

 

順番に見ていきましょう

 

カフェイン量がそもそも80mgと多くない

レッドブル250mlの缶1本あたりに80mgのカフェインが含まれています。

このカフェインの量は250mlのコーヒーに相当します。

大きめのマグカップのコーヒー1杯分ですから、そんなに思ったほどカフェインが入っていないことがわかります。

カフェインの量だけなら、メガシャキが1本あたり100mg、眠眠打破が1本あたり120mgなので、レッドブルのカフェイン量は多くないです。

 

毎日飲むと効きづらくなる

これは知らない人もいるかもしれません。コーヒーは毎日飲み続けると効果を感じにくくなるともいわれています。

これは体に慣れが生じるところが起因しているといわれています。

 

またカフェインの体の反応も体質によって異なります。

人によってカフェインが元々効きづらい人にとってはレッドブルを飲んでも眠気覚ましにはならないでしょう。

 

量を増やすと副作用が増える?

1本あたり80mgとカフェイン量が少なければ、2本、3本と飲めばいいのではと考えるかもしれません。

しかしこの方法はあまりお勧めしません。

なぜならレッドブルを一度に大量摂取すると中毒を起こすことが報告されているからです。

中毒症状は、最悪死を招く症状につながります。

 

ちなみにカフェインの大量摂取による致死量は5g~10gともいわれています。

レッドブル250mlで62本飲むことになります。

これほど摂ることはまずないでしょうが、覚えておきましょう。

 

みんなの口コミは?

では実際のレッドブルの口コミはどのようになっているのでしょうか。

 

いろんな口コミがありましたが、効果があった人もいればない人もいて、どっちが正しいとかいえそうにないのが実情ですね。

エナジードリンクだけあって、眠気を覚ます有効成分は入っているわけですが、1缶の量で、シャキッと目が覚める人もいれば、何本飲んでも効かない人が出て当然なのかなといった印象です。

 

実際に飲んでみて合う人は飲めばいいし、合わない人は無理にして飲むことはないといったところですね。

 

まとめ

さて、いろいろレッドブルについて調べましたが、いかがでしたでしょうか。

レッドブルは世界で最も売れているエナジードリンクであり、今もなおその勢いは続いています。

中毒者や死亡者が出たなど何かと話題になっているレッドブルですが、それだけ世界中の人に認められているドリンクだということ。

 

眠気覚ましに効果がないことの真相については結論は出ませんでした。

ただ飲み過ぎても体には良くありませんし、カフェインの量も、コーヒーなどとそんなに差はありません。

なので、もし飲んで元気ややる気、眠気がスッキリする人はこれからもレッドブルを飲み続けられるのもいいと思いますし、合わない人はレッドブルに特にこだわる必要はないのではといった印象です。

 

万能ドリンクがこの世にあればいいのですが、そんなドリンクはないです。

ただ、やっぱり仕事がきつきつのときはレッドブルをキメてきたいですよね。

レッドブルをまとめて購入したい方はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • レッドブル全然効かない。
    モンスターエナジーのほうが圧倒的に効果ある。
    カフェインだけじゃなくてまず成分の量が違いすぎる。
    全てにおいてレベルも質も違う。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です